21世紀は遺伝子治療の時代

遺伝子レベルで健康と医療と薬学と

21世紀は遺伝子治療の時代と言われてきましたが、14年経過しても遺伝子タンパクさえほとんど作られていないという状態で、
遺伝子の解析はできたものの、いったいどれくらいの遺伝子タンパクが合成されたのだろうと検索してみたところ、見つかりません。

 

P53遺伝子が隔離されたがん細胞に対して治療効果があるというのはわかってますが、他に何があるのだろう?ということです。
RAS遺伝子も古いですよ。ついでなのでちょっと書いてみますが、P53遺伝子は今世紀初頭にはすでに確立された治療法として使われています。

 

要するに遺伝子修復タンパクというやつですね。
フリーラジカルに影響を受けた染色体が一部損傷した場合にP53遺伝子が修復を行うというものですが、修復しきれない細胞は殺してしまおうということです。ed治療薬レビトラ

 

日焼けでダメージを受けた染色体がえーと、カタストロフではなくて、アポトーシスを起こさせて細胞自体が自滅した結果、皮がめくれるようなもんです。
わかりやすいですね。

 

本来ならテロメアが遺伝子の先端のキャップの役目を果たしていて、50回程度の細胞分裂はできるのですが、
分裂するたびに最初の細胞のDNAの両端にあるキャップがすり減っていくわけで、遺伝子修復タンパクは「そこは知らないよ」という感じで放置しています。

 

もし修復されたら何度も分裂した結果、間違ってコピーされた部分まで残ることになり、
ダメージを受けてぼろぼろになった染色体が増殖するわけで、そんな意味のないことはしません。

 

分裂回数がまだ残っていても、紫外線の影響は大きいので日焼けしなかったら残っていたはずの皮膚がめくれるということはそういうことなんですよ?

 

遺伝子修復タンパクの修復とはATGCの片割れをコピーするだけなので、シンプルな遺伝子かもしれません。
修復できなければ二重らせんもなくなってしまうという感じでぷちぷちと切っていくイメージでしょう。

 

そんな感じでがん細胞の遺伝子を破壊してしまうので、がん細胞も遺伝子レベルで攻撃されたら対処できなくなるようです。
免疫やら白血球や抗体のレベルの考えではなくて、遺伝子攻撃ですよ。ヘルペス薬バルトレックス

 

要するにこの場合はP53遺伝子が薬みたいなもんです。アバウトです。

 

あまり関係ないですが、原子炉は止めるし、21世紀後半に期待された核融合炉は今世紀中には無理。
時代の流れに退行している日本人、こんなことをしていたら先の見えない未来を悲観する若者が増えてきますよ。

 

しりませんよー。なんで二酸化炭素を増やすかな?

健康、医療、薬といいますと人の一連の流れのように感じますが私は最近健康をみなおすようになりました。
それは私は現在ぎっくり腰です。

 

これは言うならば不健康ということなのですが、ぎっくり腰というものは時期がこないと治らない、じっとしてないと治らないとかいいますが、
人は一人一人違うとは思いますが、私の場合前述したことを実行できませんので仕事も痛いままに続行しました。

 

症状的にはまだ歩くことができますので軽い、と言ってもいいかもしれませんが、かなりの痛みは伴っております。ピル副作用

 

動いていても、じっとしていても、いつも痛いです。もちろん貼り薬、飲み薬温めたりしましたが、全く効果がないとはいいませんが、よくもありません。

 

さあ、どうしようかといろいろ考えたのですが、答えは病院ということになりましたが先生いわく、腰椎の炎症。やることは同じ。温めたり、貼ったり、飲んだりです。

 

これでも一向に変化なし。
私はどうしようかとかなり悩みました。仕事は休めない状態にあるのです。
私は仕方なく思いきって何事もなかったつもりで仕事を続行しました。

 

そうです、重いものも普通に注意しながら抱えたりしました。階段も上がり下がりしました。
重いものを持って。そうです、私の仕事は運送業なのです。

 

悔しいことに個人事業なので、代役はおりません。頭の中は地獄とかしていました。
なぜ私がこんな目にあくぁなければならないのかと。

 

どうすればどうすればいいんだ!せっぱつまってきました。
泣きたくもなりました。このぎっくり腰を憎みました。それで私は必至で働きました。

 

仕事は」いつも通り順調におわりました。死ぬ思いでしたが。そして次の日です。
あら不思議!痛みがほとんど感じないのです。なぜでしょうか?私にはまったくわかりません。

 

普通に歩いて普通にやれる状態になっていたのです。医療や薬を越えた何かが私のぎっくり腰を消してくれたのかもしれません。
これまでの人生で一番考えさせられる痛みという症状でした。

 

離人症という誰にも理解できない病気があります。急に現実感を喪失するものですが、
一時的に起きる場合もあれば、慢性化して延々と続く場合もあります。

 

体験談を見ていると延々と続くのは稀なようです。女性に多いと言われる離人症ですが、やはり女性の方が症状が酷い傾向にあります。

 

発作が起きるたびに離人症が悪化していくのですが、女性の場合は下を向いたまま泣きながら耐える事が多いようです。

 

医者は離人症のことなど理解していないようで、「離人症の知識ならありますよ」「男性に多いとか基礎知識だけは持ってるけど、
治療方法は知りません」という精神科医もいます。更年期障害の薬

 

結局のところ、今の医者でも治療法も離人症のことも何も知らないわけです。知っているふりをしても治せなければ意味がないということで、
「知識はある」という必要もないわけです。

 

治療法はないと言い切る医者もいます。
自信を持って断言するあたりはある意味すごいなーと思いますよ。

 

どこから来るのかその自身?男性に多いという統計はどこの国だろうと思ったりします。
勝手に思い込んでいたらいいですよ。という感じで指摘はしません。

 

抗うつ剤のアナフラニールの静注が一時的に効くということさえ知らないようです。

 

「そんな古い抗うつ剤よりも今ならいい薬が出てますよ」といってSNRIを出されたりする医者もいます。
古い薬かどうかは無関係で、離人症にはアナフラニールとカルバマゼピンと決まってます。

 

「離人症の知識はある」といった医者がこれだから何もあてにできないのですよ。
新しい抗うつ剤が出てるのは知ってますよ。元薬剤師だから。「新しいものが出てるからどうなんですか?」と言っても無駄な医者がいるから困ったもんです。

 

離人症が重症化すれば診察時の意志の疎通もできなくなり、アナフラニールの注射をされて会話をすることになります。
はっと現実に戻って会話ができるようになるわけです。こんな病気誰も理解できないですよ。

 

ともかく、一時的に治る病気であっても、慢性化するとに10年のうちに数時間治ればいい方です。
アナフラニール服用後に稀に現実感が出てきたりするわけで、注射が必ず効くともいえません。

ついに恐れていた最強の耐性菌、「VRSA(バンコマイシン耐性黄色ブドウ球菌)」が猛威を振るう!

 

というほど感染力は強くないので今のところは大丈夫ですが、
人類最強の抗生物質バンコマイシンに耐性を持ったVREがイギリスの養鶏業者の手によって作られたようです。

 

最初はイギリスの養鶏場でバンコマイシンをブロイラーの餌に混ぜて、餌の吸収率を上げるために腸内細菌を減らす目的で与えていました。
その抗生物質は世界的に使われるようになり、バンコマイシンに耐性を持つ菌は出ないだろうという予想に反して、
耐性を形成することができたVRE(バンコマイシン耐性腸球菌)が出現したという経緯です。バイアグラジェネリック

 

このVREに関しては治療法がなく、死を待つだけという現実は今も変わらないままです。
そして皮膚の常在菌として存在する、
院内感染でおなじみのMRSA(メチシリン耐性黄色ブドウ球菌)がVREの性質を獲得するまでに時間はそれほどかからなかったようです。

 

そのあたりは接触伝達でVREの遺伝子を取り込んだとかで、ごにょごにょとしておりますが、かくして恐れられていたVRSAの誕生となりました。

 

しかし、恐れていたわりにはミノサイクリンが有効という話もあり、ミノサイクリンという広範囲の抗菌剤で治るとすれば、
皮膚や歯の色が変色するという程度の副作用しかない抗菌剤が有効ということです。

 

治るじゃないですか!?ということですよ。残念ではないですが、意外性がないなーと思うわけです。

 

といっても体調次第で抵抗力が落ちた時には発症しやすい常在菌であることは間違いのないことで、
皮膚の常在菌である黄色ブドウ球菌もずいぶん進化したものだと感心しています。バイアグラ体験談

 

人類最強の耐性菌VREはいまだに健在のようで治療法はなさそうです。これからVRSAがどのように変化していくのかということに興味を持つ男なのでした。

 

VREが進化したわけではなくて、MRSAがVREの遺伝子を獲得したということなので、
ミノサイクリンに耐性を持つことも十分考えられるわけで、VRSAは依然として脅威であることには間違いないと思いますよ。

病院に行くときにどの科を受診したらいいかわからないという人はいるかと思います。
総合病院なら案内があるので、症状を伝えれば教えてくれますが、個人病院の場合はどこで診察を受ければいいのかわからないということになりますね。

 

ちょっと迷いそうなところだけ挙げてみますが、
頭を打ったときは脳神経外科。
頭痛・脳梗塞なら神経内科。

 

てんかんは脳神経外科、または、神経内科。
生活習慣病は循環器内科。

 

食道から胆嚢、肝臓、胃、すい臓は消化器内科。
甲状腺は胃腸外科、咽頭炎は耳鼻咽喉科。

 

PTSD・不安・心身症・パニック障害は心療内科。
睡眠障害は睡眠外来。

 

骨粗鬆症は整形外科。
睡眠時無呼吸症候群の場合は耳鼻科。

 

ストレスから引き起こされる症状にもストレス外来。
ただ、ストレスからの適応障害は心療内科か精神科。

 

糖尿病、糖尿病合併症は内分泌内科。
テニス肘は整形外科のスポーツ外来。
EDは内科でも泌尿器科でも構いません。

 

アレルギー・めまいは耳鼻科、または耳鼻咽喉科。
記憶障害・気分障害は神経科、または精神科。

 

アレルギー・皮膚感染症は皮膚科。
前立腺炎・膀胱炎は泌尿器科。

 

慢性神経性疼痛は整形外科、または麻酔科。
手足の外傷は形成外科。
レーザー脱毛は美容外科。

 

遺伝病は遺伝診療科。
顔面骨折は美容外科。

 

子供の病気は、気管支喘息・肺炎は呼吸器内科、または呼吸器外科、なければ内科、または小児科。

 

個人病院に無い科であれば、総合病院にダイレクトインしても問題ないかと思いますよ。

 

中途半端な書き方をしてしまいましたが、そんなものでしょうか。

 

家庭の常備薬としては、抗生物質では、セフェム系・ペニシリン系・テトラサイクリン系・マクロライド系・ニューキノロン系の5種類ほど。
個人輸入ではかなり安くなっているので病院に行くより安上がりです。バイアグラ通販

 

他には子供用の気管支拡張剤としてホクナリンテープ・去痰剤・アセトアミノフェン・ニトログリセリン錠剤・ステロイドと抗ヒスタミン剤の合剤セレスタミン、点眼、点鼻、点耳用のニューキノロン系とステロイド、吸入用の気管支拡張剤。

 

これらはすべて個人輸入で手に入るので、揃えておけば完璧です。